cafesweetsでご紹介いただきました

マスコミ掲載2018年4月

Book Review(書評)

「香川の若手社長にもこんな人がいるのか」というのが、本書『cafe sweets_vol187』を一読した、率直な感想だった。2006年のオープン当初から日商目標の2倍以上を達成し、開店3時間で完売。今では店舗面積わずか30坪で、業界トップクラスの収益を上げている。その経歴だけを聞くと、義理や人情とはほど遠い、合理主義的なエリートビジネスマンを想像してしまう。だが、冒頭で伝えた通り、彼はそんなエリートビジネスマンとは一線を画す人物である。

(株)かわよし代表取締役、川西健司氏は学校卒業後、1年半の会社勤務を経て吉本興業の芸人養成所に入学するも挫折。地元高松に戻り、家業を手伝う。その後、縁あって青果市場で6年間勤務。当時は、早朝4時から16時まで青果市場で働き、18時から翌1時まで居酒屋で働くという激務ぶり。さらに、開店までこぎつけるには、ここでは語り尽くせないほどの紆余曲折があったが、その道程を詳しく知ることが出来るのが今回の特集記事だ。

しかし、記事は単なる成功事例の紹介に終わっていない。むしろ、この記事の最大の魅力は川西氏の「タルト作り」を始めた、地元愛溢れる思想にある。「地元の人はもちろん、県外の人にも、香川の野菜や果物の美味しさを知って欲しい」という一見、ビジネスとは相反する一途な思いが、結果的に多くのお客さんの心を動かした。

個人主義の浸透で自分の損得ばかり考えるようになったと言われる現代だが、この記事はそうした風潮に一石を投じる内容として読むこともできよう。(評者 後藤 守)
 

ippinでご紹介いただきました

ippinに掲載された「かにわしタルト」
旬のフルーツたっぷり!新鮮で果汁溢れるみずみずしいタルト

今回は香川県高松市の人気フルーツタルト店をご紹介します。ガラス張りのおしゃれな外観がひと際目を惹く『かにわしタルト店』。
店の中に入るとショーケースには色鮮やかでキラキラしたタルトが。旬の果物を使用しているので時期によって種類は異なりますが、新鮮で果汁溢れるみずみずしいフルーツの美味しさには驚きますよ〜!(続きは下記URLよりご覧下さい)

掲載元はこちらです

CREA 2014年12月1日発行


文藝春秋 発行「47都道府県 手土産リスト」に掲載


かにわしタルトマスコミ掲載


Hanako 2014年12月1日発行


マガジンハウス 発行「ときめき香川のあれこれ」に掲載


かにわしタルトのHanako掲載


あまから手帖 2010年4月1日発行


マガジンハウス 発行「ときめき香川のあれこれ」に掲載


かにわしタルトのあまから手帖